料金設定について

まずデザイン事務所での設計段階(つまり設計図の作成や3D画像の作成など)でかかる費用についてですが、大前提としてデザイン事務所の規模によるという事に留意しておく必要があるでしょう。
人気のあるところや、大手のデザイン事務所では値段が多少上がります。

費用の決め方の一つとしては、「総工費の約一割」という形があるそうです。
デザイン事務所が描く設計図は施工から着工、そして竣工まで全てのベースになりますから、払われるお金が総工費から計算されるのもうなずけるのではないでしょうか?
この場合、当然ですが、あらかじめ具体的なデザインや什器、内装や外装がきまっていることが求められます。
なぜならば、何も詳細が決まってない段階では、総工費自体が全く分からないからです。
このようなままでは、工費を割り出すことは不可能ですから、「単価×坪の数」のパターンよりも早めにデザインを具体的に決定し、事前に施工会社とデザイン事務所と顧客の三者で相談をしておく必要があるようです。

別の費用計算方法としては、「単価×坪の数」というパターンも存在します。
この場合、特定の坪数以下で一律の料金が必要になる場合が多いです。
会社側としても、ある程度最低限の儲けは確保しておきたいということでしょう。

この結果として確定した総工費を元に一割を割り出すわけですから、早め早めの準備が必要であることはお分かりいただけたのではないでしょうか?

どちらの方式を採るにしても、値段がおおよそ似通ったものになる場合が多いようですから、最も信頼のおけそうな会社サイドの人に相談するなどして熟考の上きめるようにしましょう。