費用の類別

いくらの費用がどこにどれくらいかかるのかを検証しつつ、注意点を述べていきましょう。

最も留意すべきはあらかじめ考えていた予算と実際の費用が大きく異なるということがあってはならないという事です。
これでは、顧客側と会社側の双方にとって良いことがありません。

具体的に見ていくと、まず費用がかかるのがデザイン事務所です。
デザイン事務所にかかる費用はいくつかあります。
例えば「相談料」「店舗の設計図の作成料」「デザイン料」「施工を監視するため料金」などが挙げられるのではないでしょうか。
相談料はいわば専門的な知識を施す見返りに渡すお金と考えておいてよいのではないでしょうか。
ほかにも、店舗の設計自体にかかる費用もあり、専門性の高い高度な作業にはそれなりの費用がかかるということをよく覚えておきましょう。

設計料の決まり方は二分され、面積から設計料を割り出す場合もある(つまり、坪単価○○万円というかたちで計算される)し、施工にかかる費用などを含む全施工費から割り出される場合もある(つまり全施工費の○○%というかたちで計算される)ようですね。

ほかにも、施工会社が工事を行うのを監視・監理する料金というのもかかります。
実際、工事を顧客側が見に行っても、なんとなく工事を眺めることが出来るだけで、具体的な作業が適切に行われているかを判断するのはなかなか難しい部分があるようです。
そこで専門性の高いデザイン事務所の方に来てもらい、しっかりと監理をしてもらうというわけです。

顧客サイドが全ての作業を入念にチェックすることは時間や知識の都合上不可能な場合が多いわけですから、安心をお金で買うことが出来ればよいと思っておきましょう。