マッチングサービス

デザイン事務所や施工会社との間で最も重要なのは信頼関係であり、「安さ」のみを紐帯とする信頼関係では良好な関係が築けるとは到底思えません。
このような欠点を考慮すると、インターネットで事務所などを見つけるのに向いているのは、ある程度店舗の建築に関する知識がある人ということになるでしょう。

近年増加傾向にあるいわゆる「マッチングサービス(紹介制)」の利用もよいかもしれません。
主にインターネットを通じて、店舗を建てたいと考えている顧客と、そのような要望に応えたいと考えているデザイン事務所とを仲介するサービスを利用するという現代的な手段は、近年その利用頻度が増しているようです。
この類の方法のメリットは、自分が持つ店舗への要望に対して、ピンポイントに強みを持っているデザイン事務所と施工会社を自分で見つけることが出来ることです。

これ以外のサービスでは、デザイン事務所が持つ強みは見えにくいことがしばしばですが、マッチングサービスを用いると要望と強みのマッチングによってきまることもあるほど、メリットになっていると聞いたことがあります。
更ユニークなところでは、マッチングサービスだけでなく、デザインコンペの代行を行うような会社も存在していると聞いたことがあります。
これは少しマッチングとは異なりますが、顧客側の要望に応じて、会社を募るという意味では構造は似ているのかもしれませんね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *